フォト『一本調子・シモン』批評

最初に断っておきますと、ボクアスペルガー症候群のボーダーライン(根本は一部分だぶるが、制限診査はつかない程)のようなショップがあり、アスペルガーの根本は関連書籍で演習済みだ。その上で本品物を見ると、シモンはそんな冊子に入力が残る根本をトータル揃えているので、「あぁあんなトラブルニュースにあったなぁ」と復習にのぼるような風情がありました。

 本品物は、純粋にお笑いとしては満足でした。キャラクターがドラム缶の宇宙船にある最初のフェイズから笑わされました。アスペルガーの根本が全く言い過ぎされているので、キャラクターの基準に振り回される周りのバタバタは、実際にはここまではあり得ないだろう、と想うくらいでした。全ての実践を分刻みの期日で支配し、周りの人にもその期日の厳格な順守を要求する様に、番組「Oh!マイキー」の時刻君を思い出しました。

 最近はDVDを見てもエネルギーが途中で切れてしまうことが多かったのですが、こういうDVDは日数が短目(86パイ)なのもあるでしょうが、アクシデントが続々起こり、めずらしく最後までかなり意欲が逸れずに食い入るように観て、「え!もはやこれでおわり?!」と見紛うくらいでした。

 ただ、かなり笑って観終わってから、心に引っかかった事柄が3つありました。
 ひとつは、アスペルガーについて勉強したことがないオーソドックス拡張(拡張ブレーキが無い)のほうがこういうDVDを見ると、シモンの印象がアスペルガー患者の典型として植え付けられてしまうのではないか、ということです。根本の言動は完全に人それぞれであり、程も色とりどり。シモンのように、教科書的文献にある根本をトータル、誰のまぶたにも非常に解り安っぽい程度で兼ね備えた自分はほぼいないでしょう。本当に本品物の脚本住居も、アスペルガーの人々のためにVIP上映を行ったところ、9割程度の人達は、主人の人格はアスペルガーの認識と人前におけるバリヤを思い切り捉えているとは受け入れるものの、シモンと丸ごとな自分はいなかったようで、シモンは幾らか大袈裟だという一致もあったようだ。アスペルガーの自分全員がシモンの持つ根本を根こそぎ有するわけではなく、従って接し方にも全てに共通の手仕事はなく、個々人の根本の言動を確かめる必要がある、ということがこういうDVDだとからきし伝わらないと思います。ひとりひとり違う根本を有するアスペルガーの方々が出るDVDがあれば良いと思いました。

 次は、アスペルガーを「持ち味」「性質」ではなく、日本のように(拡張)「ブレーキ」として位置づけるケース、このように蔑ろにして良いものか、問合せが残りました。オーソドックス拡張の周りには奇異に写っても、本人は馬鹿馬鹿しいとはなんとなく大真面目にやるので、こういうDVDをきっかけに、アスペルガーの子どもの実践が笑いの原材料に変わるようなことがあったら、本人は傷つくのではないかと思いました。

 3つ目は、標記の「明確」は英語で「知能指数がちっちゃい」という意義なのでなかなかそぐわない考えがしました。「明確・シモン」は英国題材をカタカナにした物品なのでしょうか?

 それでも、アスペルガーの自分をキャラクターにしたDVDを撮るという、だいたいグループ初の試しはもちろん賛美に値すべきです。それに、自閉症やつは、天才的な器量があり、それを活かした仕事をしているようなイメージで語られることが多い気がしますが、シモンはそれには当てはまらない(物理に明るくてもクリーンの仕事をしている)という事柄も、一段と大多数のアスペルガー患者の現実にほど近い描きヒトで感想すべきだと思いました。バルクオム 化粧水