仲間は、ただし、確認することはできません

お婆さんはういういしいおとなからクロム欠損に対して一段と脆弱であることを示唆やるかもしれない髪、汗といった血液のクロム濃度の有意な年頃系縮小の提示があります。クロムの状態は、血、尿、頭髪等は断じて全身貯蔵を反映していないためにだ決定することは困難であるように、仲間は、ただし、確認することはできません。再度、如何なるクロム特定の酵素あるいは他の生化学的マーカーは、確実に人のクロムの時点を評価することが見出されていません

そちら補足クロムは耐糖能疾患及び2構図糖尿病を治療するのに役に立つかもしれないという恐れにかなりの関心があるが、現在までの追求は、決定的です。こういう仮定を試験は大きな、無作為化臨床開始のに、米で報告されておらず、これは追求の活発な科目だ。

クロムについてのいくつかの現在の課題や論争は何ですか?

クロムは長い、様々な体調への可能なリンケージのために注目されています。クロム追求のやはり活発な科目のうち、糖尿病、酷い血中脂質等を治療する、体重減少を促進し、カラダ組成を改善するための手当形態での行動だ。

参考:http://downloadpeggle.biz/

構図糖尿病では、膵臓は当たり前、未知の論拠のために、カラダが効果的にインスリンによることはできません、十分なインスリンを産出始めるがされています。筋肉および他の構造を構成する細胞は、殊に肥満の中で、インスリンのアクションに関して耐性になるので、病魔は一般的に、部分的には、発生します。インスリンは(グリコーゲンとして)、肝臓や筋肉に蓄積され、こういう糖は向上心のために使用されているほとんどの細胞心的へのグルコースの進入を認可し、ときに過剰に存在する脂肪に移植されます。インスリン耐性は、血(高血糖症)におけるグルコースのスムーズよりも高い等をもたらします。

クロムの不良は、向上心ニーズを満たすために、グルコースによる身体の用量を損なうインスリン申し入れを上げます。したがって、クロムサプリは、不具合を発症する危険性が高いお客様では2構図糖尿病またはグルコース及びインスリン回答を制御するのに役に立つかもしれないことが示唆されています。 ;また、既知のグルコース、インスリン、及び糖化ヘモグロビン(長年グルコース濃度の計測を提供する:無作為化臨床開始の評定はこういうメタ吟味は、血中間の糖尿病の3つのマーカー上にクロムサプリの結末を評価し、こういう仮定を評価しました)ヘモグロビンA1Cとして。それは425が良好な体調にあったか、耐糖能疾患いたし、193は2構図糖尿病だったそのうちの618の先方、上の15開始からの集計をまとめました。クロムの充填は、糖尿病無しの被験者におけるグルコースないしはインスリン濃度に結末を及ぼさなかったまたそれは、一つの追求を除いて、糖尿病に罹患する被験ボディに、これらの等を低減しました。ただし、中国で行われている追求、(ここで糖尿病を持つ155被験者が200ないしは千ミクログラム/クロムの日光若しくはプラセボのいずれかを与えられた)は、単純にクロム不良大群における補充のアドバンテージを示すケー。

全体的に、糖尿病のためのクロムサプリの集計が決定的って相談の残りがあります。ディナー補給が知られている十分にルールされ、リスクのある大群における無作為化臨床開始は、糖尿病のマーカーにクロムの結末を決定するために必要です。米糖尿病協会は、糖尿病患者における血糖保守を改善するために、クロムの日常的な行動をサポートするのに十分な根拠があるという述べている。ますます、ビタミンやミネラルの補充は、基礎となる栄養失調を持っていない糖尿病を持つあなたに実利をもたらすことは明確なロジカル根拠がないことを仕込しています。